豊かな発想は、様々な体験から生まれる

こんにちは、四谷大塚NETフォーラム塾上本町教室塾長の奧川えつひろです。

四谷大塚NETフォーラム塾上本町教室ブログ

ご訪問いただき、ありがとうございます。

今回は、体験から概念が生まれることについて書きます。

❤︎体験を通じて、理解する

子どもが、

数字の"1"を理解するには、

1つのリンゴ、

1つのミカン、

1つのコップ、

1人の人間といった、

いろいろな"場面"や"状況"を体験し、

それらをまるごと"ありのまま"受けとめます。

そして、

それらにすべてに共通の"1"

という存在に気づいた時、

初めて理解できるようになります。

❤︎感情も体験から

感情などの抽象概念を理解するのも、

様々な体験が不可欠です。

子どもに愛情を注ぐことで、

"うれしい"

"あたたかい"

“安心"……

いろいろな感情が生まれます。

❤︎本からも、様々な感情が生まれる

また、

童話、物語などを

子どもに読み聞かせてあげたり、

子ども自身で読むことで、

いろんな"場面"や"状況"を

体験することができます。

そして、

この体験が、

抽象的な概念であるいろいろな感情を育てます。

❤︎ポジティブ体験とネガティブ体験

"好きこそものの上手なれ"

その逆もしかりです。

好き"という感情を持つと、

物事を前向きに捉えることができます。

逆に、

"嫌い"という感情を持つと、

やる気が失せさせます。

❤︎ネガティブ体験はいつでもできる

「また、失敗した」

「友達が、おもちゃをとった」……

ネガティブ体験は、

あえて体験させなくても、

いつでも体験しています。

❤︎ポジティブ体験をさせてあげる

一方、

「やっと、できた」

「友達と協力して、これ作ったよ」……

こんなポジティブ体験は、

大人が導いてあげないと

なかなかできません。

だから、

子どもの周りに

ポジティブな雰囲気を作ってあげて、

好奇な気持ちを持って体験できるようにしてあげましょう。

その体験から、

いろいろなが発想を生まれてきます。

❤︎AIと一緒にすれは、もっとできる

AI人工知能は、

膨大なデータから、

ものごとの探したり、

処理することには非常に優れていますが、

抽象的な概念を理解することは難しいようで、

新しいことを生み出したり、

人の気持ちを流れの中で読み取ることは苦手です。

だから、

AIと一緒にすれば、

子どものポジティブ体験から生まれる発想は、

より光ったものになると思います。

❤︎まとめ。豊かな発想は、様々な体験から生まれる

子どもは、

体験を通じて、

いろいろな概念を学んでいきます。

そして、

ポジティブ体験は、

感情に豊かさを与え、

創造的な発想を生み出す土壌をつくります。

子どもたちに、

枠を超えた、

いろいろな楽しい体験をさせてあげましょう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA