"言葉“で愛情表現

こんにちは、四谷大塚NETフォーラム塾上本町教室塾長の奥川悦弘です。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

四谷大塚NETフォーラム塾上本町教室ブログ

愛情表現には、2つあります。

"スキンシップ"と"言葉"です。

今回は、"言葉"による愛情表現について書きます。

❤︎愛情習慣として、愛情を言葉にする

自己肯定感は、

自分ひとりでは身につけることはできません。

乳幼児期に無条件に愛されて受け入れられる体験を通して

育まれるものです。

そして子どもは、

"親が自分をどう見ているのか"

という判断基準から、

自分自身の価値を決めていく傾向があります。

親から自分のよい部分をほめられたり、

「大好きだよ」

「生まれてきてくれてありがとう」

「かわいいね」

「あなたはお母さんの宝物」……

自分の存在そのものを認められたりすることで、

子どもは親の無条件の愛情を実感するようになります。

それにより、

自己肯定感がぐんぐん高まっていきます。

❤︎子どもは誕生日が好き

子どもは、自分の誕生日が好きです。

なぜなら、

「おめでとう」と無条件にお祝してもらえるからです。

この無条件が大切です。

いつでも肯定的に子どもを受け入れ、

子どもを"変えよう"という意識を捨てて向き合えば、

子どもは安心して新しいことに挑戦し、

たとえ失敗しようが、

思いきって難題にも挑むようになります。

❤︎無条件が、自己肯定感を高める

「大好きだよ」

「大切に思っているよ」

「あなたがいてくれるだけで幸せ」など、

親から伝わる無条件の肯定的な言葉によって、子どもは自らの価値や存在意義を肯定できるようになります。

それが「自己肯定感が上がる」ことにつながっていきます。

❤︎子どもに愛情を伝える4つの方法

日常生活のいろんな場面で、愛情を言葉にしましょう。

❶子どもが落ち込んでいるときこそ深い愛情を伝える

子どもが落ち込んでいる様子を見るのはつらいものです。

そんなときは、

「どんなことがあっても、お母さんとお父さんはあなたの味方だよ」

「○○ちゃんは私たちの宝物だよ」と、

ありのままのわが子を肯定する言葉をかけてあげましょう。

"自分は自分のままでいいんだ!"と、

子どもの自信につながります。

❷"当たり前のこと"をあえて言葉にして伝える

「ただいま!」と帰宅した子どもに対して、

ただ「おかえり」とだけ言うのではなく、

「今日も無事に帰ってきてくれてよかった」とひとことつけ加えてみると、

子どもはより自分が大事にされていると実感できます。

「いつも元気でいてくれてありがとう」

「今日も○○ちゃんと一緒にいられて嬉しいな」なども、

心のなかで思っているだけではなく、

口に出して伝えることが大事です。

❸手紙やカードで愛情を伝える

口では言いにくいことを手紙やカードに書いて伝えるのも効果的です。

文字に書いて手渡すことで、

その言葉は子どもの人生を支える宝物になることもあります。

これから先の長い人生で、

壁にぶつかったとき、

親からもらった手紙を読み返して、

その壁を乗り越えられるかもしれません。

離れていてもわが子を元気づけ、

自信を与えることができるのは、

無条件の愛情を感じられる言葉だけなのです。

❹写真を見ながらだと伝える

子どもが何かを頑張っている姿や、

なにげない日常の写真を家に飾ったり、

その写真を眺めながら子どもをほめることです。

子ども自身が

"自分は愛されている"

"存在価値を認められている"

という肯定的な感情を抱きやすくなります。

写真を見ながら

「このときの○○君、頑張っていたね!」などと伝えると、

より自然に子どもをほめることができます。

❤︎言葉も、母親は “優しく” 、父親は “元気に”

子どもは、

母親の言葉を聞くと、

精神が安定して脈拍や呼吸数が少なくなり、

父親の言葉を聞くと、

"楽しさ"を期待して脈拍や呼吸数が増えます。

❤︎まとめ。"言葉"で愛情表現

「生まれてきてくれてありがとう」

無条件の言葉をかけたり、

あまり前の気持ちをあえて言葉で表わしたり、

時には、文章で思いを伝えたり、

子どもの写真を見ながら話したり、

"言葉"の愛情表現を習慣にすると、

親子の愛情をますます深まり、

子どもの自己肯定感を高まります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA